おもちホットクック  Omochi Hotcook

おもちがホットクック活用あれこれを試します。

発酵あんこチャレンジしてみた

こんばんは、おもちです。

 

最近ホットクックでは、参鶏湯風をリピートしたりして

真新しいことをしていなかったのですが、

最近、発酵あんこを作ってみたいと思い、チャレンジ。

 

発酵あんことは、

砂糖が入っていない、麹の発酵の甘さでほんのり甘くなったあんこ とのこと。

 

以前黒糖で作ったあんこを小分けにして冷凍していたので、

それをちびちびとあんバタートーストにしたりして

あんこにハマっていたので、砂糖なしのあんこなんて楽しみ。

 

 

あずきを煮るまでは普通にフライパンで作り、

その後米麹と混ぜ、発酵の時にホットクックへ。

 

長時間発酵なので、甘酒のメニューを借りて、スイッチオン。

 

 

数時間後、途中で覗いてみると水分がパサパサしている。。。

これはガピガピのあんこになってしまうのでは、と思い、

しっとりするほどにあずきを煮た際の煮汁を追加で加え、継続。

 

 

出来上がりは、、、、なんと、、、

とろとろの甘酒に。。。。

おそらく途中で覗き見した際に水分を足しすぎたのかと・・

 

煮て水分を蒸発させてしまうとせっかくの醗酵成分がなくなってしまうかと思い、

これはこれとして受け止め、あずき甘酒として楽しむことにしました。

 

長時間発酵させただけあって、そのままだととても甘いです。

豆乳で割ってみたらなかなかいい感じでした。

 

発酵あんこはまたチャレンジします!

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

ちゃちゃっと2品あっという間。 野菜の作り置きおかず

こんにちは、おもちです。

 

今日は家にあるカボチャ、レンコン、人参を使って、

ちゃちゃっと2品連続して作り置きおかず作ってみました〜

本当、あっという間でした。

両方ともホットクック 備え付けのレシピ本を参考に。

 

 

まず1品目。

カボチャの煮物。

 

カボチャはたまたま八百屋さんで売っていた

雪化粧という品種のカボチャを使いました。

半分のを買ってきて、種をくりぬいたらちょうどほぼ500gで、

レシピの重量とぴったり。

一口大に切って、所々皮を薄く向いたり。

雪化粧は皮が硬めだそうです。

ただあまり個人的には気にしないので皮むきは適当です。

そこに酒醤油みりん、砂糖を入れ、ホットクック でスイッチオン。

 

雪化粧はこんな感じで、皮がほんのり白がかった感じです。

f:id:eat-health-coffee:20201218144352j:plain

 

出来立てはこちら〜

f:id:eat-health-coffee:20201218144416j:plain

 

 

うんうん、カボチャの煮物って感じです。

レシピより砂糖は1/3くらいにしていますが、私には十分の味です◎

出来上がりは30〜40分、という感じでした。

かき混ぜユニットは不要のレシピでした。

 

 

 

はい次。

 

結構皆さん面倒だときっと思われるのがホットクック の鍋を洗うことだと思うのですが、

油っぽいもの使わない、今回のようなカボチャの煮物のような使い方だったら、

お水でシャッと2〜3回流すだけで私的には十分綺麗になりますので、

この状態で2品目突入。

 

次はレンコンと人参できんぴら。

ホットクック 付属のレシピはごぼうと人参で作るレシピですが、

ごぼうの代わりにレンコン使いました。

 

まずレンコンを使い切りたかったのでレンコンを全て薄切りに。

重量を測ってレシピの野菜トータルの重さと差し引きして、

足りない重量分、人参を細切りにして入れました。

 

そうするとレシピの調味料の匙加減を気にしなくて済むのでおすすめです。

あとは調味料の酒醤油みりんと、ごま油と砂糖少しを投入して

全体に調味料が絡むようにざっと混ぜてスイッチオン。

私はレシピにはないですが鷹の爪をひとかけら入れました。

 

f:id:eat-health-coffee:20201218145323j:plain

 

 

出来上がりはこんな感じ。人参は粉々ですが、気にしない。

f:id:eat-health-coffee:20201218145423j:plain

 

お味は普通にきんぴらです。

副菜にぴったり。

ゴマをかけてもいいですよね。

 

野菜を切って調味料を計るくらいの労力で、

あっという間に2品できてしまうので本当楽チンです。

 

食卓に出したりお弁当につめたり、ちょっとづつ楽しめます。

 

ではまた。

 

 

おすすめ 寒い日に温まるサムゲタン風〜

こんばんは、おもちです。

 

今日は何日か前に安売りだったので買ってあった骨付き鶏肉(手羽元)があったので、

ホットクック で参鶏湯もどきを作ろうかなと思い試してみました。

 

最近寒いのでサムゲタンであったまりたいなと思ったのと、

こういうスープ系は骨付きのお肉を使った方がだしがたくさん出て美味しいと思うので

ちょうどよいと思ったからです。

 

事前にググっていろんなレシピの材料をチラ見したのですが、

松の実やナツメは家にないので入れないことにしました。

テーマ がんばらない・簡単に・家にあるもので・適当に、を心がけたので

とても簡単にできました。

 

WEBのシャープのHPでのレシピは下処理色々書いてありましたが、

私は面倒なので以下を入れてスイッチ押すだけ。

ホットクック を信頼しているのできっとなんでも美味しくしてくれるはずという期待を込めて。

 

 

■使った材料

骨付き鶏肉    800gくらい(家にあった分全部投入。)

ニンニク、生姜  各1かけ みじん切り

くこの実     20〜30粒くらい?(適当)

白米(炊く前のもの)大さじ3くらい  

大根  細切り  適当にお好みで。

ドライきのこを水につけておいたのがあったのでそれをきのことつけ汁ごと

         200mlくらい?

水        1200mlくらい

塩        全体の重量の0.6%くらい

昆布パウダー   スプーン1杯

 

 

シャープのレシピに書いてあったサムゲタンの番号をホットクック に

セットしましたが何故か出てこず。。。

なので適当に「手動茹でる→1時間」 で様子みようかなと思いとりあえずスイッチオン。

 

 

グツグツいい始めた頃、ホットクック の空気孔から空気と共に何かが出てきました!

火山の噴火のように。

慌てて一時停止をし蓋を開けて観察すると、どうやら

強火であることと、

お米で粘度が上がっていること、

かつ昆布パウダーが表面に膜のようになってしまった様子、

(適当に表面に載せただけだったから?水分と馴染ませたら大丈夫だったかも?)

水の量が多めなこと、

が原因のように見えました。(私の分析による)

 

空気孔から物質が出てきたの初めて・・・

ホットクック が汚れてしまいました・・・ショック。

 

 

気を取り直して、手動茹でる が強火の原因だった可能性と

どれかのメニューを間借りして作ったら火加減調整もオートでなされるのではという

予想のもと、

ホットクック 本体のメニューから選ぶ→スープ の中で近そうなものないか

探してみたところ、なんと、、、

サムゲタンありました(涙)

 

サムゲタンコースで改めてスイッチオン。

1h50mほどかかるとのこと。

それだけ調理したらお肉がほろほろになるんだろうなと期待大。

 

 

ただ、夕食どきだったので、途中で待ちきれず。

1時間経過くらいの時に一時停止して2人分だけ取り出し食べちゃいました。

お肉はほろほろとまではいかないけどお味は美味しい!

ただ塩気がちょっと物足りなかったので塩をちょいたし。

 

一時停止を解除して再度グツグツ。

 

待ち遠しい。カウントダウンです。

f:id:eat-health-coffee:20201128203512j:plain

 

 

出来上がり〜

f:id:eat-health-coffee:20201128204107j:plain

 

鳥から出たオイルがすごいです!

 

お肉もほろほろ。

はしで持ち上げた手羽元は骨からするりとお肉が外れるくらいです。

f:id:eat-health-coffee:20201128204240j:plain

 

 

お味はさすがホットクック 様。

これは本当におすすめです。

 

手羽元ならお安くできるし、

材料も適当でここまで美味しくできるし、

温まります。

皆さんは噴火しないように気をつけてください 笑

 

ではまた。

 

蒸しメニューで簡単ヘルシー 1品

こんにちは、おもちです。

 

今日は気に入っている簡単・ヘルシーで美味しい作り置きおかずにもいいものを

ご紹介したいと思います。

 

それは

”サツマイモを蒸す”  

以上です。

 

ホットクック なら簡単にあまーく、ねっとりに仕上がります。

 

まずは内釜に水をコップ半分くらい入れ、付属のネットを入れ、

その上にサツマイモを並べます。

 

f:id:eat-health-coffee:20201114110349j:plain

 

手動→蒸しメニューで30分で完成です。

 

時間はお好みで。切る厚みにもよりそうです。私はいつも1cmくらいの厚みにしています。

出来上がりはこんな感じ。

f:id:eat-health-coffee:20201114110722j:plain

 

このままでも美味しいですし、

塩をちょっとかけても美味しいし、

切ってサラダにのせても秋らしくなります。

 

私の手軽でお気に入りはバターをのせて食べること。

とても美味しいです。

冷めてもちょっとレンジで温めるといいと思います。

f:id:eat-health-coffee:20201114110905j:plain

 

お弁当にもいいですし、

作り置きおかずによくキープしています。

 

同じようにカボチャバージョンもよく作り置きしています。

f:id:eat-health-coffee:20201114111211j:plain

 

レンコンも蒸して作り置きしておくとそのまま食べても美味しいし便利です。

 

こんなふうにして自分に負荷がかからないよう、

継続していく工夫を散りばめると本当に長続きしておすすめです。

 

美味しいのでぜひ作ってみてください。

 

ではまた。

 

 

20分で簡単・美味! トマトリゾット

こんばんは、おもちです。

 

夕御飯はホットクック でトマトリゾットにしてみました。

 

ホットクック の付属のレシピ本のトマトリゾットの作り方を参考に、

残り物をたくさん投入。

かつ、ベーコンはないので、昨日作ったグリルチキンを入れました。

 

他にはチキンと共にグリルしていたジャガイモや、

以前蒸して冷凍しておいたロマネスコ

先日作って残っていたミネストローネも入れリメイク。

 

味付けは(残り物の味付けずみの分を差し引きした)総量の0.6%弱の塩と、カツオだしの粉末です。

※本当はコンソメちょっと入れようと思って、入れたら間違えてカツオだしだったことに気づいたのでした・・

 

白米から作るレシピでスイッチオン〜出来上がりまで20分、と

短時間でお手軽でした。

 

グツグツ。

f:id:eat-health-coffee:20201103190736j:plain

 

出来上がりはこんな感じ。ほかほか過ぎてカメラが曇る〜

f:id:eat-health-coffee:20201103190906j:plain

 

盛り付け後はこんな感じ。

上に手作りのドライパセリと、

粉チーズ、黒胡椒のせてみました。

f:id:eat-health-coffee:20201103191025j:plain

 

お味はばっちり。

とても美味しいです。

 

ニンニクとチーズが効いていて、

レシピによると4人前ですが、夫婦2人でぺろりでした。

 

時短でできるし柔らかいので消化にも良さそうです。

お仕事終わりの平日のご飯にも良さそう。

 

またリピートの予感です。

 

ではまた。

ホットクックのすすめ

こんばんは、おもちです。

 

今日は私のお気に入り家電である「ホットクック」を買ったきっかけ、

検討過程、買ってよかったことシェアしていきたいと思います。

 

 

 

ホットクックの購入を検討し始めたきっかけは、

   低温調理ができる

というところです。

 

 

酵素玄米(寝かせ玄米)を炊飯器でやったりしていたのですが、

自前の炊飯器が10年(いや、それ以上)選手なので

だいぶお疲れな感じなせいか、

玄米が思うようなお味に炊けないのが不満でした。

 

また、仮に新しい炊飯器を買おうにも、

炊飯器のジャンルはピンからキリまであり、

良さそうなものは数万するため、

試食なしで炊きあがりの味を気にいるかどうかわからないものに

数万をだす勇気がなかなか出ませんでした。

(寝かせ玄米用の炊飯器もあり、、、お高いです)

 

 

よって我が家の寝かせ玄米は

まず圧力鍋で炊き、

その後炊飯器の保温機能で3日程度保存する、という方法で

作っていました。

 

ただ、ほぼ保温機能しか使っていないけれど、

古い炊飯器を買い換えてもいいなという気持ちはありました。

 

 

検討当時、欲しい機能のメインは保温だったので、

「低温調理」、「保温機能」 というキーワードで色々調べる中で

シャープの「ホットクック」が出てきました。

 

ホットクックは

無水鍋のようなイメージで素材の味を引き出すこと、

素材から味を引き出すので調味料の削減、とりわけ減塩を狙えること、

材料を切ってセットし出来上がり時間の予約もできる

という特徴をみて、

忙しい平日にも楽に野菜をたくさん食べれることに繋がるのでは、

という期待値が高まりました。

 

 

また、ホットクックを調べていく中で、

勝間和代さんのロジカルクッキングも見つけました。

 

ブログやYouTubeを拝見し、

「材料の総量に対し塩0.6%という定量を入れてホットクックのスイッチを押すだけで

味が決まる」

ということは今までの私の中の固定概念を覆すものでした。

 

今まではレシピ通り味付けをすれば大丈夫、

レシピなしで作る際は自分の感覚を頼りに微調整していくのが当たり前の世界だったので、味がなかなか決まらないし経験値が少ないのもあり味が作るたびにぶれます。

それが測ることで解決するなんて、、、!

 

ホットクックで素材の味を引き出し、

シンプルな味付けで塩分控えめ、でも美味しい、

人が火加減をチェックしなくて良い、混ぜなくていい(メニューボタンを押すだけ)

というのが私の需要に非常にマッチしました。

 

 

うちは夫婦二人暮らし、共働きで二人とも帰宅時間がまあまあ遅いです。

 

外食で済ませようと思うと、お遅くまでやっているお店は炭水化物がメインの

お店ばかりであることに気づきました。

(というか近所にはなかなか定食屋さんがありません、、、)

 

 

そういう背景もありホットクックの購入を決意。

 

サイズは迷いましたが、作り置きもできるように、と、

一番大きい2.4lをチョイス。

 

 

 

 

実際買ったらホットクックにはまってしまい、

玄米寝かせている暇もなくほぼ毎日何かしら作っています。

 

 

ではまた。

たっぷり野菜のブレイズ

こんばんは、おもちです。

 

今日はブレイズを作った結果、とても簡単で美味しかったので

シェアしていきます。

 

材料は

適当な野菜 何種類かと、

オリーブオイル、塩があればできちゃいます。

 

 

ホットクックの既存メニューの中に

「勝間流たっぷり野菜の蒸し煮(ブレイズ)」

があり前回はこのメニューで作ってみたのですが、

今回は勝間さんご自身がブログでご紹介されていた方法

ホットクック手動メニュー「炒める→5分」でトライ。

 

今回は

小松菜2株

小さなかぶ3つ、

かぶについてきた葉っぱ、

セロリ、

冷凍しておいたしいたけ

を使ってみました。

 

 

まずは切った後総量を測ります。

f:id:eat-health-coffee:20200224141013j:plain

 

 

この総量に対し塩を0.6%分 測る↓

f:id:eat-health-coffee:20200224141216j:plain

 

 

ちなみに塩は iharbで購入したこちらを使用。

ナチュラルでお安くておすすめ。

jp.iherb.com

 

そして具材をホットクックに投入。

上から塩をふりかけ、オリーブオイルをまわしかける。

オリーブオイルの量は適当です↓

f:id:eat-health-coffee:20200224141719j:plain

 

 

ちなみにオリーブオイルもiharbでの購入品のこちらです↓

f:id:eat-health-coffee:20200224142107j:plain

 

jp.iherb.com

 

ホットクック をセットし、スタート! ↓

f:id:eat-health-coffee:20200224142222j:plain

 

温度が上がってからの5分なのでしばし待ちます。。

 

 

出来上がり〜↓

f:id:eat-health-coffee:20200224142355j:plain

 

お皿によそうとこんな感じ↓

f:id:eat-health-coffee:20200224142702j:plain

 

良い副菜になります。

残りはお弁当にもgood。

 

簡単で美味しいのでおすすめです。

今回で3回目のリピですが、また作ると思います。

 

カレー粉など少しスパイスを入れてみてもきっと美味しいはず。

あとは、好みですが歯ごたえをシャキッと残るように

時間を短くしてみてもいいかもと思いました。

 

またご紹介しますね。

 

ではでは。